参院選と都知事選の選挙について策する事柄

参院選の代わり人の張り紙が街路にはりだされていたので、「誰にいれるか考えないとな」と思ってなんだか眺めていました。何だか、有名なひとに瞳がいっちゃいますね。政党で、政策で選ばないといけないなと思うので、正しく誰がどの政党か、どういうことをしてきたひとかは確認したいだ。あとから「こうした筈じゃなかった」ということになっても、投票した自分のせいですからね。後、都知事選もありますね。こちらは依然誰が見つかるのかわからない状態です。今どき、有名なひとたちが都知事になっているなと感じてはいました。本来はもっと別の視点から選ばないといけないのでは…と、今回の紛争を見ていて思いました。断然権力やクラスを得てしまうと、そのひとの独特が外に出て生じるのかもしれませんね。そちらでも人間を見失わないでいられるひと、する必須をまっとう望めるひとに、今度は知事になってもらいたいですね。五輪までにまた都知事が陥るようなことは避けたいものです。