プレートやマグニチュードなどについて稽古

プレートについて教育しました。プレートの沈みこむ所に海溝があり、海溝に平行して火山がならび、震源が分布しています。震源の深さは日本海立場ほど濃いだ。次は、地層についてだ。離れた2地域の地層を要点部類により、同一の地層と決められます。真新しい地層は、水を殆ど盛り込むやわらかい粘土の部類だ。次は、マグニチュードについてだ。マグニチュード(M)が大きいほど、遠くまでゆれが伝わります。震源にほど近い地域ほど、序盤微動跡継ぎ暇(P-Sシチュエーション)が少ないだ。大地震でも、はげしいゆれは1当たり未満だ。幼い地震でも震央近所は深くゆれます。量のおっきい地震ほど遠くまで感じられます。地震のエナジーは、マグニチュード(M)が0.1大きくなるとエナジーは約1.4ダブル、Mが1大きくなるとエナジーは約32倍になります。関東大地震のときの東西と南北針路のゆれの文書を構築して示します。実際には、コイツに上げ下げ針路の約1cmの動向がかかります。知らないことを勉強して良かったです。

電話のエチケット向けに始める場面って何時?

仕事中にそれぞれ帯同が鳴り渡るヒューマンがいらっしゃる。
しかも押さえつけることもしません。
JR通勤をやるということなので、JRの取り分け礼儀一筋にしていないという対応なのでしょう。

わたくしは家屋を見つかるら礼儀一筋に行なう。
仕事中に帯同が鳴り渡るなんてことはあってはいけないと思いますし、JRの取り分け帯同が鳴ったら周りには人騒がせがかかります。

仕事中に帯同が鳴って押さえつけることもせず、電話であれば出てしまう。
こういうことって大抵なのでしょうか?
今まで業務礼儀だと言われてきたことは案の定なんだったのか?と見紛うことがあります。

帯同の礼儀一筋ってどのタイミングで予約を限るなのでしょうか?
色々な所見があるので、よく分かりません。
金字塔多いのは、JRに乗る前に設定するという所見でした。
確かにこれであれば人騒がせにはならないでしょう。

メイルの着信も長期間予約にやるヒューマンがいて、それを仕事中に鳴りっぱなしにしているので、困っていらっしゃる。
少なくとも瞬間を縮めてほしいだ。