このシーズンは感染性胃腸炎に気をつけましょう

毎日朝の情報番組「ノンストップ」を楽しみにしています。司会のバナナマンの設楽さんのファンだからです。
でも、今日もテレビを見ていたら、司会の設楽さんが急性胃腸炎でフジテレビまでやってはきたものの出演を辞退されたと言う話をして代理のアナウンサーが司会をしていました。
一応フジテレビまではきたけれど、生放送には耐えられない、それが胃腸炎の恐ろしさですよね。
今、学校でも職場でも感染性胃腸炎がすごく流行っています。
設楽さんの場合は急性胃腸炎だからまたちょっと違うかもしれませんが、私の回りでは、ノロウィルスとか、誰か一人が感染すると同じ症状が次々と同級生や同僚に感染していくと言うものが流行っているのです。
だから、食事前には必ず手を洗うこととアルコール消毒、そして生ものは出来るだけ食べないようにして感染しないように心がけています。
大人でさえ、時に胃腸炎に感染すると、しばらくトイレから出てこられないという状態になります。
子供が感染したら確実に点滴になります。
設楽さんの番組欠席ということで、私も自分自身と子供の感染予防により一層力を入れなければと決意が改まりました。

内閣と国会について調べたり受講したりしました

内閣の仕掛けと様式について習得をしました。内閣は、国会の信任を雰囲気として成立し、保持するのであるから衆議院において内閣不信任企画が可決され、または内閣不信任企画が否決されたときは、内閣は総勇退か衆議院の解散かのいずれかを選択しなければなりません。衆議院が解散されたときは、解散のお天道様から40お天道様以内に衆議院議員総選挙をおこない、選挙のお天道様から30お天道様以内に国会(抜群会)が召集されます。そのときに内閣は総辞職し、改めて内閣総理大臣の指名(首班指名)がおこなわれるそうです。解散とは、任期満了前に議員としての資格を失わせることだ。これは、内閣の通知と完結によって天皇が行なう国事ことの一つです。議院内閣制を採用している日本では、衆参両院でマジョリティーを占める政党が実質、自治体権利をも掌握することになります。政府の総なめを防ぐためには、国会・国民・マスメディアなどによる厳正なハンドリングが必要です。国会などについて習得しましたが、再び勉強したいと思いました。http://www.motorlaiviai.com/