父さんの太陽に、家庭からの好ましいウェルカムを受けました

6ひと月19お日様は父のお日様でした。即日朝はなにも知らされていませんでしたが、夕刻から中学の二人の幼児と奥さんを中心に、わたしと、同居やるおとうさんのためにミールの取り計らいが始まりました。
やれるまでは秘密なので、台所には近寄らないようにしたり、コンビニエンスストアにビールを買いに行ったりして時間をつぶすことにしました。
帰宅したら妹が仕方を氷水につけ、じっくりしていたのでびっくりして話を聞くと、フライドポテトをしていたら油がはねて飛び散り、仕方や首にかかったということでした。
赤くミミズ浮腫のようになってしまい、決して痛くは薄いということでしたが可哀想でした。
そんなけがもありましたが、食品も洗い浚い終結し呼ばれていくと机いっぱいにたくさんのミールが並んでいました。
どれも、自分が普段から好きなものを思い切り考えてくれてアレンジしたりオリジナルしたりしてあり、至極感激しました。
小さかった子供たちも、自分で包丁をもち考えながら食品を決めるようになったんだな、と感慨深いものがあります。
ビールをグラスに注いでもらいながら気持ちのこもった食品を食べ、嬉しさもひとしおのタイミングでした。